ここ最近よく感じることがあります。

どうもコーディネーターの杉山です。

仕事もある、お金もある、体力もあると自分で何でも自由にできるので、生活に制約を受けるパートナーや子どもはいらないと独身を謳歌している方が増えています。

確かに現役時代は何でも自分で自由にでき、友達や職場の同僚と交流し、SNSなどで交流できていれば寂しいとも思わず、独りでいることが気楽と思えるかもしれません。

ですが、年齢を重ねても本当にそれでいいのでしょうか。セカンドライフは一人でもいいのか、二人のほうが楽しめるのか、じっくり考えてみませんか。

■今は良くても老後は

今の時代、食べ物はコンビニやデパ地下でいくらでも手に入り、外食もでき、掃除や洗濯もアウトソーシングでき、男女ともに家族がいなくても困ることがありません。

ネットで買い物したり、人と交流したり、ゲームをしたり一人の時間も楽しめ、寂しいこともないと独身を謳歌する方が増えています。

ですが、将来的にそのままでいいのでしょうか。

年齢とともに一人で暮らすのは体力的にも大変になり、突然の病気や介護などの不安も増していきます。頼れる子どもも可愛い孫もなく、友人たちも年を取って思うように交流できなくなっていったとき、一緒に老後を過ごせるパートナーがいたほうが安心でき、楽しい生活が送れるのではないでしょうか。

■熟年婚や熟年カップルが増えている

少し前までは熟年離婚という言葉がブームになり、多くの女性が定年後の離婚に向けて年金分割などの知識を蓄え、いつのタイミングで言い出すかと準備をしたものです。

定年まで頑張って働き、奥様とのセカンドライフや悠々自適な生活を送ろうと思っていたご主人は突然の妻の反乱に驚いたという話も一部にはありました。

しかし、多くの女性は知識を仕入れ、ちょっと考えてはみたものの実際には実行に移さなかった方がほとんどです。経済的に不安があった方が多いですが、やはり一人になるのは寂しい、こんな旦那でもいたほうがましと思いとどまった方が少なくありません。

一方で、最近は熟年離婚より熟年婚のほうがブームを巻き起こしており、実際に59歳、65歳などの年齢で結婚を決めた女性ミュージシャンや女優、エッセイストなどの報道を見聞きした方もいることでしょう。

その一人の女性が語った言葉がとても印象深いです。

「私たち二人が手を繋いで一緒に歩いている姿をどこかで目にするかもしれません。ですが、それはラブラブの新婚生活を送っているからではなく、互いに手を取り合い、支え合わなければ歩けなくなっているからです。」

といった言葉で、そっと見守って欲しいとメッセージを出したことがありました。年齢を重ねてお互い支え合いながら生きていくことは、とても素敵なことではないでしょうか。

■これまで出会いや恋活から離れていた方も安心

40代、50代でもう結婚なんてする気がないと一人の自由を謳歌してきた方の中には、恋人いない歴も長くなり、恋の仕方も忘れてしまったという方や今さら恋活なんて面倒で勇気が出ないという方もいるのではないでしょうか。

ですが、気持ちだけちょっと切り替えれば、年齢を重ねても出会いはいくらでもあるものです。年齢を重ねてダンスでも習いに行こう、ピアノでも習いに行こうかとグループレッスンに行った場所で出会いもあり、今までは趣味を持って老後の楽しみにしようと思っていたとしても、少し気持ちを切り替えて、いい人はいないかしらと考えてみてください。

すると、やはり同じ独身を謳歌してきたロマンスグレーのちょっといい男がいたり、奥様に先立たれて料理から洗濯まで頑張っているちょっと気になる男がいたり、バツ一やバツ二で今もまだバリバリのモテ男がいたり、熟女好きの若い男性がいたりします。中高年の習い事ではレッスン後にランチやディナーに出かけたり、お茶を飲んだり、お酒を飲みに行ったりという機会を持つことが少なくありません。

これまでは何となくのお付き合いであったり、みんなで世間話をしたり、趣味の話をして過ごしていたのを、ちょっと目線を変えれば、相手のことが気になり、その方をもっと知りたくなってくる人と出会えるかもしれません。そんな方が見つかれば、もう恋活はスタートしています。

昔取った杵柄といいますか、恋のアンテナが動けば、人は自然と恋愛モードになって、その方に近づくためにいろいろと考え、行動を起こしていくはずです。

自然と起こる行動、それはランチに行ったときにたくさんのメンバーがいる中で、彼の隣の席を陣取ってみたり、ビュッフェで彼にサラダを取ってあげたり、ドリンクなどを持ってくるなど何か世話を焼いてみたり、彼の目線に入り、気になる存在になれるように動くことでしょう。自転車でレッスンに通っている方は、わざと歩きかバスで行き、帰りは彼のマイカーで送ってもらうなんてことも考えられます。

まずは出会いを探して、心のときめきを取り戻すところから始めましょう。

■まとめ

今は一人が自由で楽しい方も、年齢を重ねるにつれ寂しさや不安が訪れます。
100倍楽しいセカンドライフを送るためにパートナー探しの恋活をそろそろ初めてみませんか。

恋活を始めるなら、「大人恋活」

無料会員登録でお相手紹介・デート申請までがOK!

遊び目的じゃないデートセッティングで

「いいひとに会えたを、驚くほど簡単に。」

大人恋活

《無料登録、デート希望は下記にて受付中》

▶お電話のご相談なら054-353-5788

▶Web:http://koikatsuotona.jp/