ひとりぼっちの人が増えてる日本

どうも!大人恋活の杉山です。

最近、日本では「ひとりぼっち」いわゆる「おひとり様」で過ごす人が増えて来ています。

それを裏付けるように、「ひとりカラオケ」や「ひとりカフェ」「ひとり焼肉」などのひとりが付く言葉が流行りのフレーズとしてよく耳にするようになりました。

純粋にひとりでカフェやカラオケを楽しみたい方もいらっしゃると思います。

中には一緒に行ってくれる人がいないため、いかにも「おひとり様」を楽しんでいるように装って、ひとりで過ごしている人もいます。

とはいえ、ひとりで外に出られる人はまだモチベーションが高く、積極性がある人なので、「ひとりぼっち」「おひとり様」から抜け出す可能性があります。

「ひとりぼっち」「おひとり様」でいることを周りに悟られたくない人や、自分が「ひとりぼっち」「おひとり様」なのだという自覚がしたくない人は、外に出ず家に引きこもっている方が多いです。

ではなぜ、今の「ひとりぼっち」「おひとり様」になる人が増えているのでしょう?

 

「ひとりぼっち」「おひとり様」が増える理由

誰でも生まれてくる時にはひとりですが、生まれた後は必ずたくさんの人たちに支えられながら一人前に成長します。

一人前になって自分で生活していくことが出来るようになれば、それまで身を寄せていたところから離れて、独り立地して歩き出すでしょう。

そして歩き出した先で、新たな出会いがたくさんあり、また誰かと関わり合いながら生きて行きます。

人のサイクルは、生まれる時と死ぬ時以外には、必ずどこかで誰かと知り合って、関わり合って生きています。

だからこそ「人はひとりでは生きてはいけない。」と言われているのです。

ん?誰かしらと関わり合って生きているはずなのに、なぜか気付けば自分がひとりぼっちだ!と感じることがあるのでしょうか?

それはきっと自分の置かれた環境や、自分の精神面でそう感じる要因があるのですが、人によってそれぞれ理由が違うようです。

 

1 家族の死

生まれてくる時は親からうまれ、生きていれば、どこかで誰かと恋をして、結婚し、家族を築いて愛を育むこともあるでしょう。

毎日当たり前のように一緒に生活していれば、家族は自分にとっての半身も同然です。

そこにあるあたり前、いい意味で空気のような存在がなくなっては生きて行くことができない方も多いでしょう。

毎日、当たり前に一緒にいた家族が突然、いなくなってしまったしたら?

長年寄り添った妻や夫、親や子供が自分を置いて先立ってしまってら?

恐らく想像もつかないような喪失感に襲われることでしょう。

いつかは失うと分かっていても、現実に失ってしまうと寂しくて悲しくてたまらなく、なってしまいます。

いつでも自分のそばにいて、自分の話に相槌を打ってくれて、心の内を理解してくれていた、大切な存在を亡くしてしまったら、取り残されたあなたはあっという間にこの世で自分がひとりぼっちでいるかのような感覚に陥ってしまうことでしょう。

亡くった家族以外の家族がいれば、少しは孤独感が薄れますが、もしふたりだけの生活を送っていたら、きっと孤独感がより増して襲ってくるでしょう。

 

2 少子化

 日本では少子高齢化と晩婚化が間違いなく進んでいます。

お子さんを育てことがある方はわかると思いますが、子育てって意外とお金がかかると実感しているはずです。家計の苦しさから、子どもは作らない方針の夫婦もいれば、作ってもひとりだけという家庭が増えています。

共働きをしなければ生活を続けていくのが難しい家庭では、より子育ては困難になります。

ひとりっ子が増えている今の社会では、学校で友人が作りにくく、また家に帰って親が共働きでひとりになりがちで、幼いうちから孤独感を覚えやすく、内向的な性格になり、コミュニケーションを取ろうとしなくなります。

そんな子供たちが大きくなっても、出会いの機会がなければ、いい歳になっても結婚することもなく、パートナー知り合うこともない、ひとりだけの生活を送ることになり、いつまでも孤独感がなくなりません。

少子化の進む今の社会では、家庭から孤独感がうまれ、孤独を埋める機会がとても少ないのが現状です。

3 離婚と未婚率の上昇と晩婚化

離婚は家族の死とはまったく違う形での別れとなりますが、夫婦が別れたことにより、より強い孤独感を感じることは同じです。

離婚して清々したという話もよく聞きますが、それでもひとりぼっちになってしまったことにかわりありません。

今まで自分を私を理解して、精神的に、経済的に支え合って守ってくれていた人がいなくなり、何をするにも自分ひとりだけになるので、ふとした時に人恋しさを覚えることでしょう。

 

そもそも今の時代は離婚する以前に、結婚しない男女が近年では増えています。

そこにきて晩婚化もかなりのスピード進んでいます。

いい歳になってから慌てて結婚したり、何かしらの理由をつけて生涯独身を貫く人も多くなっています。

 

結婚やパートナーに巡り合いたい気持ちはあるのに、自分では中々動けないので、結婚やパートナーと出会う機会を得られない方も多いです。

 

または、一度は結婚したものの、夫婦生活に失敗して離婚を経験して、もう懲り懲りと結婚やパートナーを必要としない方もいるのも事実です。「よく離婚は結婚の3倍疲れるといわれる訳ですね」(笑)

また仕事や趣味またはシングルライフを楽しむために、あえてシングルの人生を選ぶ方もいるの事実です。

そうなる前に!!

しかし、いざ歳をとって自分があれこれと動き回るのが不自由になった時に急に孤独感がこみ上げて人恋しくなることがあります。

日頃から結婚やパートナーなど必要と思っていない方でも、何かのきっかけで「自分はひとりぼっちだ」と感じる時が必ずあります。

仕事に疲れて家に帰った時、

ドアを開け誰もいない部屋に入った時

一人で食事をしている時

ふとした瞬間に寂しさを覚えてしまう日がやってきます。

そうなる前に大人恋活で恋活をはじめましょう。

ひとりで過ごした時間が長ければ長い方ほど婚活よりも恋活です。

まずはお互いのこと知ることから始める恋活が丁度いいです。

 

始まりは「まずは知り会う」

次に「また会って見る」

違う人とも「知合ってみる」

 

納得いくまで

好きなだけ時間をかけて

楽しみながら大人恋活で恋活しましょう!!

 

大人恋活 ‐静岡‐

 

《デート希望は下記にて受付中》

▶お電話のご相談なら054-353-5788

▶Web:http://koikatsuotona.jp/